2014年12月6日土曜日

有吉ジャポン 芸人の街・浅草 切なくも愛おしい浅草芸人の生きざま 感想

本文には番組の内容が含まれます。
ネタバレNGの方はご注意下さい。  

『有吉ジャポン』
(情報番組 バラエティ番組)

 TBS系列
 金曜 00:20~00:50
 (※一部地域を除く)

2014年8月22日放送
有吉弘行の本日のお詫び
「滝沢さんが全く正統派じゃない!!」

【出演】
有吉弘行(MC)
田中みな実(TBSアナウンサー) (進行)

太田光代、西川史子
鈴木正文(レギュラー)

広中雅志、太田真一郎
山崎和佳奈(ナレーター)
ほか


――年間、約3千万人の観光客が訪れる浅草。そこで見つけた大行列。その先にいたのは漫才師、春風こうた・ふくた。

ビックボーイズのメンバー・お笑いコンビの、なべかずお 「アイーン」。漫才コンビ、青空球児 「ゲロゲ~ロ」。漫才コンビ、昭和こいる。浅草芸人。

明治時代、浅草6区を中心に演劇場が集中。以来、数多くの芸人やコメディアンを輩出してきた浅草は今も

実に 300人以上が生計をたてる
芸人の街なのだ。

そこには!!

ナイツ
「わざわざ浅草までという方ね」

「聞いてみましょうか?
 ウクライナから来た人?(笑)」

――テレビでよく見る人気芸人の一方で、ほとんど見た事のない芸人。そんな彼らは、どうやって生計を立てているのか?!

その生活ぶりに密着してみると…

「今日は飲みにいきましょう!
 アハハハ!」

――飲む、打つ、買う
を地でいくヒモ芸人。

「もう 65歳になりますから
 この辺が(笑)」

芸歴 35年。ブレイクを夢みるタクシー運転手など、切なくも愛おしい浅草芸人の生き様があった。

――朝9時。老舗演芸場・東洋館のシャッターが開いた。ここは、伝説のストリップ劇場。元フランス座があった場所である。

ビートたけしさんがエレベーターボーイをしながら、ストリップの合間にコントをしていた所でも有名。


★劇場といえば宝塚。9月に東京に行ったのですが、宝塚に行くかどうか、かなり悩みました。

美術館メッカの東京で宝塚に時間を割くのか本当に悩みましたが…結局、美術館を優先。う~ん良かったのか?

安いビジネスホテルといえば、浅草。昨年、東京旅行の時に浅草でホテルを取ったら、総武線と山手線の乗りかえで非効率的だと、家族に不評。

かなりブーブー言われてしまいました(笑) 浅草観音寺は、1度だけ行きました。まだまだ東京はすべて網羅していません。

子どもが出来たら、ディズニーランドに連れて行ってやるのが近年の目標^^

夢に生きるリスクはかなり大きいようです。しかし、サラリーマンが安定しているとは言い難いものがある。

会社の業績が悪化すれば、リストラの嵐をここ 20年程、どこかの企業が毎年やっています。収入を 100パーセント会社に依存するリスクは大きい様です。

サラリーマンも、夢に生きる芸人も
みんな頑張れ!!
東間 陽一 Yoichi Azuma


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。